ワークショップ参加者募集

関西エリア


~廃棄物問題をどう教材化するか~

高レベル放射性廃棄物はエネルギー環境教育ではあまり触れることのなかったテーマですが、特に3.11以降、日本のエネルギー問題の中で大きな課題となっています。

本セミナーでは科学技術におけるリスクやNUMOからの情報提供を通じて、実施可能な授業案を作成し、実施上の課題を整理したいと思います。皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

 

エネルギー環境教育教職員セミナー
開催日時 平成25年11月30日 (土) 10:00〜16:00
開催場所 ハートンホテル京都 2F嵯峨高雄
〒604-0836 京都府京都市中京区東洞院通御池上ル船屋町405
TEL : 075-222-1300
内容 ①講演「リスクとどう向き合うか」
 京都教育大学教授 平石隆敏氏
②情報提供「地層処分の計画と現状」
③グループ討議
 地層処分の具体的教材化の検討
 総合司会  京都教育大学教授 山下宏文氏
参加費 無料
定員 30名 ※原則として先着順
対象 小・中・高等学校教職員、教職課程学生、他
主催NUMO(原子力発電環境整備機構)
共催 エネルギー環境教育関西ワークショップ
運営 教職員関係者向けワークショップ事務局

こちらのワークショップは参加応募を締め切らせていただきました。